「マインドフルネス研究」2017年 第2巻 第2号 特集「マインドフルネス認知療法」 実践情報
Japanese Journal of Mindfulness, 2017, Vol. 2, No. 2 Special Issue: Mindfulness-Based Cognitive Therapy Practice News

発展を続けるMBCTの“Why”と“How”:マインドフルネスフォーラム2016 MBCT 1dayワークショップに参加して

木甲斐 智紀 (早稲田大学大学院人間科学研究科)

早期公開:2017年10月31日

“Why” and “How” About MBCT Which Continue Developing: A Note on the 1 Day Workshop in the Mindfulness Forum 2016

Kikai Tomoki Graduate School of Human Sciences, Waseda University

Online first published : October 31, 2017

pdf 本文PDF[843KB]

*特集・体験記の表記統一のため当初公開版から英文サブタイトルを変更した(2017年11月12日)。

The final version of this article with its full bibliographical information is available.
To access the article, click here (Vol. 2 (2017), No. 2 pp. 31-33).
http://mindfulness.jp.net/Journal/vol2no2/jjm22kikai180714/


キーワード:doingモード/beingモード,3分間呼吸空間法,セルフコンパッション,セッションテーマ,メカニズム
Keywords: doing mode/being mode, the 3-minute breathing space, self-compassion, session theme, mechanisms