「マインドフルネス研究」2017年 第2巻 第2号 特集「マインドフルネス認知療法」 実践情報
Japanese Journal of Mindfulness, 2017, Vol. 2, No. 2 Special Issue: Mindfulness-Based Cognitive Therapy Practice News

大学病院におけるマインドフルネス認知療法の取り組み:不安障害,ウェルビーイングを中心に

佐渡 充洋 (慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室/慶應義塾大学ストレス研究センター)
二宮 朗 (慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室/慶應義塾大学ストレス研究センター)
小杉 哲平 (慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室)
朴 順禮 (慶應義塾大学看護医療学部/慶應義塾大学病院緩和ケアセンター)
佐藤 寧子 (国立病院機構東京医療センター)
瀧田 結香 (慶應義塾大学看護医療学部)
田村 法子 (慶應義塾大学医学部精神神経科学教室/医学教育統轄センター)
竹内 麻理 (慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室/慶應義塾大学病院緩和ケアセンター)
藤澤 大介 (慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室/慶應義塾大学病院緩和ケアセンター)

早期公開:2018年1月24日

Challenges of Mindfulness Based Cognitive Therapy: Targeting Anxiety and Well-being at University Hospital

Mitsuhiro Sado Department of Neuropsychiatry, Keio University School of Medicine/Center for Stress Research, Keio University
Akira Ninomiya Department of Neuropsychiatry, Keio University School of Medicine/Center for Stress Research, Keio University
Teppei Kosugi Department of Neuropsychiatry, Keio University School of Medicine
Sunre Park Keio University Faculty of Nursing and Medical Care/Palliative Care Center, Keio University Hospital
Yasuko Sato National Hospital Organization Tokyo Medical Center
Yuka Takita Keio University Faculty of Nursing and Medical Care
Noriko Tamura Department of Neuropsychiatry and Medical Education Center, Keio University School of Medicine
Mari Takeuchi Department of Neuropsychiatry, Keio University School of Medicine/Palliative Care Center, Keio University Hospital
Daisuke Fujisawa Department of Neuropsychiatry, Keio University School of Medicine/Palliative Care Center, Keio University Hospital

Online first published : January 24, 2018

pdf 本文PDF[971KB]


キーワード:マインドフルネス認知療法,不安障害,ウェルビーイング
Keywords: Mindfulness Based Cognitive Therapy, Anxiety, Well-being


要 約
マインドフルネスに対する関心が,近年急速に高まっている。諸外国ではマインドフルネス的介入についての実証的研究成果が蓄積される一方,日本では,まだその効果に関するエビデンスがほとんどない。そこで,我々の大学で進めている,不安障害やウェルビーイングに対する介入研究について,先行研究の結果を含めて紹介する。そのあとで,われわれの取り組みから見えてきた,マインドフルネス認知療法(Mindfulness-Based Cognitive Therapy: MBCT)を実施するにあたっての注意点や課題について,適用,個人の問題の解決法を扱わない点,不快な体験の強度の問題,ネットを用いたアドヒアランスを高めるための工夫の4点について考察を行った。

Abstract
Attention paid to mindfulness has rapidly increased recently. Although the number of clinical research has increased abroad, few relevant studies has been conducted in Japan. We introduce our challenges of MBCT (Mindfulness-Based Cognitive Therapy) for anxiety and well-being. We also discussed about four issues when implementing MBCT.