「マインドフルネス研究」2016年 第1巻 第1号 研究論文:原著論文(実践研究)pp. 12-24
Japanese Journal of Mindfulness, 2016, Vol. 1, No. 1 Original Article, pp. 12-24

トラウマを抱えた児童を対象としたヨーガの意義: マインドフルネスにおける「受容的な気づき」を重視したヨーガ実践

相馬花恵1  駒村樹里2  越川房子3
早期公開:2016年6月16日

Significance of Yoga Practice for Children Exposed to Traumatic Events: The Yoga Practice That Emphasized Non-Judgmental Awareness of Mindfulness

Soma Hanae1, Komamura Juri2, Koshikawa Fusako3
Online first published date: June 16, 2016

pdf 本文PDF[3,220KB]

The final version of this article with its full bibliographical information is available.
To access the article, click here (Vol. 1 (2016), No. 1 pp. 14-27).
https://mindfulness.jp.net/Journal/vol1no1/jjm11soma161228/


キーワード:受容的態度,気づき,ヨーガ,トラウマに対するアプローチ,児童
Keywords: acceptance, awareness, yoga, approach to trauma, children


1 早稲田大学文学学術院(Faculty of Letters, Arts and Sciences, Waseda University),現所属:駿河台大学心理学部(Department of Psychology, Surugadai University)
2 東京都児童相談センター(Tokyo Child Guidance Center)
3 早稲田大学文学学術院(Faculty of Letters, Arts and Sciences, Waseda University)

要 約
本研究では,トラウマを抱える児童が多く在籍する児童相談所における支援として,マインドフルネスにおいて重視されている心的態度,すなわち,身体感覚などのあらゆる経験に対する「受容的な気づき」を促す技法に着目した。そして,そうした技法の一つとしてヨーガを取り上げ,当該施設を利用する児童に適用した際の結果を検討した。具体的には,ヨーガに参加した33名の児童にアンケート調査を行い,その内容をKJ法に基づくカテゴリー化により分類・検討した。その結果,以下のことが示された。すなわち,「受容的な気づき」を重視したヨーガは,①トラウマ症状をはじめとする不適応感を抱える児童にも適用しやすい技法の一つであることが示唆された。また,②ヨーガを通して,心身の緊張が緩和されたことを示す報告が得られた。さらに,③日常生活においてもヨーガを活用したいと願う児童や,実際に生活の中でヨーガを実施している児童もいたことが示された。

Abstract
The focus of this study is mindfulness intervention for children who are in need of social care such as traumatized children. Mindfulness is a particular way of paying attention to whatever one’s experience is in the present moment, without judgment. Yoga and mindfulness have the attentional stance in common, namely, moment-to-moment non-judgmental awareness of one’s experience such as somatic sensation. The current study sought to report the results of yoga practice for children in the child guidance center. A questionnaire survey was conducted on yoga practice among 33 children, and the data were analyzed by the KJ method. The main results are as follows: 1) the yoga practice that emphasized non-judgmental awareness was feasible with children in the child guidance center: 2) this yoga was beneficial to the alleviation of children’s physical and mental strain: 3) children wanted to do this yoga outside of regular practice times, and some children voluntarily practiced this yoga in their life.