「マインドフルネス研究」2020年 第5巻 第1号 コメント
Japanese Journal of Mindfulness, 2020, Vol. 5, No. 1 Commentary

マインドフルネス・プログラムにみる援助者の心構え:Crane et al. (2016) へのコメント

稲吉 玲美 (広島修道大学)
早期公開:2020年2月18日

The Attitudes Toward Applying Mindfulness to Clinical Practices: Comment on Crane et al. (2016)

Remi Inayoshi Hiroshima Shudo University
Online first published : February 18, 2020

pdf 本文PDF[1,328KB]


キーワード:マインドフルネス・プログラム,マインドフルネスストレス低減法,マインドフルネス認知療法,インストラクター
Keywords: mindfulness-based program, mindfulness-based stress reduction, mindfulness-based cognitive therapy, instructor


要 約
本稿では,マインドフルネス・プログラムを定義づける要素およびインストラクターに求められる点について,海外論文を紹介し,マインドフルネスを日本の臨床現場で活用する際の援助者の心構えについて考察する。

Abstract
This paper examines a foreign article to identify the essential and variable elements of mindfulness-based programs, and to understand the role of instructors in such programs. Based on this information, attitudes toward applying mindfulness to clinical practice in Japan were considered.